2018年05月14日

アサンポ通勤

間は30℃に届きそうだというのに朝まだまだ肌寒い。去年の日記を振り返れば、活発にアサンポ撮影に出かけているから今年は寒暖の差が激しいのかもしれない。

その代わりと言うのもなんだが、家からスタジオまでの2.5キロを歩くようにした。眺める景色はもちろん吹いてくる風や木々の香りに、動物である自分の身体が敏感に反応する。在京時にこれを味わえていたらもっと違った写真が撮れていたかもしれんなぁ。

山のお宅へ続く木洩れ陽の美しい道にレンズを向けた。構図を整え、ピントを合わせ、露出を決めると、奥の方からエンジンの音が響いて郵便配達の軽ワゴン車がやってきた。新緑に郵便車。差し色になった赤が補色の関係をさらに助長して初夏の風情を演出してくれる。


OPF02149.jpg


田んぼに水が入り乾いた大地が息を吹き返す。繰り返すことの尊さを教えられるアサンポ通勤。


OPF02146.jpg









posted by オガワタカヒロ at 23:33| 宮崎 ☀| Comment(0) | 写真のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。