2018年06月20日

梅雨のイメージを変えた

リラ豪雨だ温暖化だと言われ始めて久しいが、シトシト降り続くはずの梅雨の雨が台風並みの降雨量で続くとなれば、晴耕雨読なんて呑気なことは言っていられない。今日の雨は梅雨のイメージをガラリと変えてしまった。

「村所橋(むらしょばし)の水位が警戒値を超えました!」

村内に響き渡る大型の拡声器から注意を促す声が聞こえてきた。自宅から2.5キロ下流の村所地区にあるスタジオとカフェが心配だ。濁流が村所橋のたもとから商店街に流れ出せば店舗の損傷は必至。

降り方が弱まったので10時過ぎに恐る恐る車を走らせた。国道と平行して走る川の様子は、銀鱗が躍るいつもの一ツ瀬川とはまったくの別物。肩を寄せ合うように集落を形成する村所地区を濁流が一飲みしそうな勢いだ。


OPF02464.jpg



今日が誕生日だった倅にお祝いを伝え、川の様子を動画で見せた。1分ほどだったが、幼い頃からの経験で現状を素早く読んだ。

「台風並みの水の多さだ。鉄砲水が出なければいいけど。梅雨でここまでいくのはすごいね。なんか今年は台風もデカイのが来る予感がする」

村のほとんどの人がそう感じて、猛烈な梅雨の静まりを待っているに違いない。


OPF02473.jpg









posted by オガワタカヒロ at 23:33| 宮崎 ☁| Comment(0) | 戦う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。